さつき椀

印刷する

テーマ:初夏のスープ

用意するもの ※2人分

・温泉玉子         2個(黄身が硬めのもの)
・ブロッコリー      50グラム(中くらいのもの1/8)

・水          250cc
・淡口しょうゆ    大さじ1(15cc)
・ご飯          50グラム(茶碗1/3)
・出汁昆布(5センチ角)  1枚

作り方 ※2人分

  1. 温泉玉子は、お椀に割り入れて、箸やスプーンで白身と黄身に分けておく。
  2. ブロッコリーは小房に分け、茹でておく。
  3. 鍋に水、淡口しょうゆ、ご飯、出汁昆布を入れ、沸騰したら出し昆布を取り除き、フードプロセッサーで細かくして裏漉しする。
  4. 3)に温泉玉子の白身とブロッコリーを加え、再びフードプロセッサーにかける。 滑らかになったら鍋に戻して火にかけ、温まったら椀に注ぎ、温泉玉子の黄身を落とし入れる。

ワンポイント・アドバイス

今回のさつき椀は、使っている調味料は淡口しょうゆのみで、素材の味をうまく引き出しています。

レシピのカテゴリー

プロフィール

野崎洋光(のざき ひろみつ)

野崎洋光
(のざき ひろみつ)

東京・南麻布「分とく山」総料理長。1953年、福島県生まれ。
和食の伝統をふまえながら、今の時代をとらえたレシピや考え方を提唱。やさしくわかりやすい語り口で、テレビ、ラジオ、雑誌などでも幅広く活躍中。家庭料理の大切さを強くうったえている。

はじめのごあいさつ

お知らせ

一覧へ »

  • ヒガシマル醤油