揚げ豆腐きのこあんかけ

印刷する

テーマ:あんかけを作ろう!

用意するもの ※2人分

・豆腐         1丁(木綿、絹ごし、どちらでも良い)
・しいたけ       2個
・しめじ      1/3パック
・まいたけ     1/3パック
・えのきだけ    1/3パック
・長ねぎ      1/3本
・片栗粉     大さじ3(揚げ豆腐用)
・サラダ油      適量
・だし       200cc
※だしの作り方は、ポットのお湯500ccをボウルに移し、削り節5グラム強(ひとつかみ)と4センチ四方のだし昆布を1分間ひたして濾す。
・淡口しょうゆ  大さじ2(30cc)
・みりん     大さじ1(15cc)
・片栗粉     大さじ1.5(水溶き片栗粉用)
・水       大さじ2
・おろししょうが 小さじ1

作り方 ※2人分

  1. 豆腐は8つに切り、ザルにのせて水きりをする。
  2. しいたけは軸を取りスライスする。しめじは石突きを切ってほぐす。まいたけは手で小房にほぐす。えのきだけは、石突きを落とし半分の長さに切る。
  3. きのこ類を全て合わせ、熱湯にサッと浸してザルに上げ、水けをきる。
  4. 長ねぎは小口切りにして布巾に包み、流水の下でもみ洗いをして絞り、水けをきり、洗いねぎを作る。 (※洗いねぎ・・・細かく刻んだねぎを、水でさらし、ぬめりを洗い流して水分をきったもの)
  5. 豆腐に片栗粉をまぶして170度の油で揚げる。
  6. 片栗粉を水で溶いて水溶き片栗粉を作る。
  7. 鍋にだし、淡口しょうゆ、みりんときのこ類を入れて火にかける。ひと煮立ちしたら水溶き片栗粉でとろみをつける。
  8. 器に豆腐を盛り、あんを掛け、洗いねぎ、おろししょうがを添える。

ワンポイント・アドバイス

ねぎをからめて召し上がりください。
きのこは霜降りすることで雑味が取れて、スッキリした味になります。

レシピのカテゴリー

プロフィール

野崎洋光(のざき ひろみつ)

野崎洋光
(のざき ひろみつ)

東京・南麻布「分とく山」総料理長。1953年、福島県生まれ。
和食の伝統をふまえながら、今の時代をとらえたレシピや考え方を提唱。やさしくわかりやすい語り口で、テレビ、ラジオ、雑誌などでも幅広く活躍中。家庭料理の大切さを強くうったえている。

はじめのごあいさつ

お知らせ

一覧へ »

  • ヒガシマル醤油