MESSAGE

社長からのメッセージ

代表取締役社長 上口 宏

代表取締役社長上口 宏Hiroshi Kamiguchi

文化放送の扉を開け、
社会に飛び出そうとする
あなたへ

「徳不孤必有隣(徳は孤ならず必ず隣あり)」

論語の中に出てくる有名な言葉です。
孔子は決して恵まれた人生を送った訳ではありません。なかなか認められず孤立していたかもしれません。しかし、批判されつらい時でも自分を磨くことに専念する事で、その徳を認めてくれる人がきっと周囲に現れる、と説いています。そのうえで、孔子は人に対して「仁(思いやり)の心」と「品のある行動」を勧めています。

今私たちが過ごす社会はデジタルネット時代を迎え、オセロゲームのように環境が急速に変化しています。今までの常識やルールがリセットされ、あらゆるビジネスが根底から覆される大変革期に居合わせているのです。当然、放送業界も例外でなく、放送と通信の融合が進み垣根を越えた新しいビジネスの構築を急いでいます。
この様な中、文化放送は地上波放送(FM・AM)の他に、通信によるradikoやインターネットラジオ(超A&G+)という4つのメディアをデバイスとして活用する「コンテンツ制作」を重要視しています。さらに昨年は5Gの進展を見越した動画専用スタジオを開設し、動画配信事業も積極的に取り組んでいます。

文化放送は音声コンテンツならではの優位性を意識し「今此処にないものを生出す」クリエイティブ集団でありたいと考えます。何故ならば、そこには人の心を揺さぶり、人生に感動と夢を届ける世界があるからです。その世界を実現するために自分(徳)を磨き続ける「プロデューサー候補」を私たちは、求めています。人生の旅立ちの時にある貴方、一緒に未来を切り拓き、新しい世界を築いていきましょう。